2013年4月

ちょっとした事ですが・・・

おっちゃんです。

車屋なんで、出張修理のご依頼も時々あります。

キーの閉じ込みとか、バッテリーあがりによるエンジン始動不良、事故引き上げとかもそうですが、

最近、多くなってきたのが、『パンクしたので来て欲しい』と言うご依頼。

もちろん、出来るだけ早く行くようにはしています。

タイヤもチューブレスになって随分と経ちますので、釘等が刺さっていても直ぐには空気が抜けません。

その為に、空気圧が少ないまま、かなりの距離を走行される方や、

気づかずにご自宅や駐車場に車を止めて、次に乗ろうとしたらタイヤがペチャンコだったなんて言うのが多いです。

空気圧が下がったら走行していても判ると思うんですが、気が付かれない方が多いようです。

単純にパンクで直ぐに処置すれば、最近のパンク修理剤は良くなってきているので問題無くタイヤを使って戴けます。

しかし、空気圧が少ないまま走行されると、タイヤのサイド部分が傷んでしまって、

パンク修理だけで済まなくなる場合があります。

車に乗られる前には、車の廻りを一周して、人や物が無いか、タイヤの空気圧は大丈夫か、等、

確認して戴く事が大切だと思います。

あと、まあ、これは、余談って言えば余談なんですが、ご自分のお車のスペアタイヤやジャッキ等の工具類が

どこに積んであるかと言う事くらいは、知っていて戴けると助かりますし、

トランク等に、山ほど荷物が積んであると、スペアタイヤを出すまでに一騒動になります。

必要ない荷物はこま目に整理して出来るだけ要らないモノを載せて置かないようにして下さい。

これは、燃費向上にも役立ちます。

折角、取り出したスペアタイヤなのに空気抜けていて使えないモノもあります。

おっちゃんは、車検でお預かりした折りに、スペアタイヤの空気圧も点検・補充しますが、

それでも2年毎って事になります。

せめて、半年に一度くらいは、スペアタイヤの空気圧も点検して戴けると助かります・・・

また、最近のお車にはスペアタイヤを搭載せずに、簡易パンク修理剤とコンプレッサーが載っているお車も増えてきました。

ご自分のお車がどのようなタイプかも知っていて欲しいと思います。

 

あと、あつかましいお願いですが、

スペアタイヤとの交換を、いざと言うときにはご自分で出来るようになって戴く事も必要かと思います。

決して、出張するのがイヤで言ってる訳でないので誤解なさらぬようにお願いします。

お車のメンテナンスの基本は『使用者責任』ですので・・・sweat01

GW休業日のおしらせ

おっちゃんです。

いつもお世話になってありがとうございます。

いよいよ、GWが間近に迫ってきました。

申し訳ありませんが、下記日程で臨時休業を取らせて戴きます。

 

4月28日~30日  通常営業

5月1日~6日   臨時休業

5月7日~     通常営業

 

なお、休業中に故障・事故等ありましたら、JAF(#8139)をお使い下さい!

 

1
PAGE TOP