ホーム > おっちゃんのひとりごと > > アルバイトくん・・・
おっちゃんのひとりごと

アルバイトくん・・・

おっちゃんです。

夕方、先週、エンジンオイル交換させて戴いたお客様から、

『スタンドでエンジンオイルが少ない』と言われたので点検して欲しいと言うお電話を戴きました。

これから行っても良いかと言う事なんで、すぐご来店戴きました。

ところが何度点検してもレベルゲージにキチンとオイルが付きます。

念の為に下廻りも確認しましたが、オイル漏れ等もなく全くの正常でした。

オイルの量は、レベルゲージアッパーラインの数ミリ下程度です。

これで少ないと言われるのは心外で、当方の信用問題にもなりますので、

お客様の横でスタンドに電話して責任者の方に経緯を説明して状況を確認したところ、

オイルを点検したのは、アルバイトの学生だったから、勘違いしたんじゃないかと言われた。

そのアルバイトくんに直接確認したいと話したら、『誰だかわからない』ですと・・・

その間、責任者の方からは謝罪の言葉もなく、

『まあ、アルバイトのした事なんで・・・』と、全部アルバイトくんが悪い事になってる。

エンジンオイルの点検方法は、教習所でも習うし、基本中の基本だと思うので、

いくらアルバイトくんでも、本当にそれが出来ないのなら問題だと思う。

全部のスタンドが悪いとは思わないし、アルバイトくんが全部悪いとも思わない。

善意で解釈すれば、レベルゲージの差し込み不足でオイル量を読み間違えたのかもしれない。

でも、結果に対して責任を持って貰わないと、やりっぱなしでは本当に困ってしまう。

お客様には此方からキチンとレベルゲージを見て確認して戴いたうえで、

差し込み不足等でオイル量を見間違えたのかもしれませんね?と、説明しておきました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kitai2951.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/275

PAGE TOP