ホーム > おっちゃんの作業日誌 > > 自家用車整備・・・
おっちゃんの作業日誌

自家用車整備・・・

自家用車整備・・・の画像
  • 自家用車整備・・・のサブ画像01
  • 自家用車整備・・・のサブ画像02
  • 自家用車整備・・・のサブ画像03
  • 自家用車整備・・・のサブ画像04
  • 自家用車整備・・・のサブ画像05
  • 自家用車整備・・・のサブ画像06
  • 自家用車整備・・・のサブ画像07
  • 自家用車整備・・・のサブ画像08

おっちゃんです。

久しぶりの更新になります。

サボっていて申し訳ありません。

今回は、自家用車の整備です。

スズキ・MR-W、平成14年式、LA-MF21S、走行12萬キロ・・・

①フロントロアーアーム交換 → ボールジョイントのガタの為

 段差を越えるときに、ガタガタとショックがあったのですが、だんだん大きくなってきたので

 このまま放置してボールジョイントが抜けると大ごとになるので中古部品を手配して交換する事にしました。

 作業自体は、ごく簡単で、スタビライザーを脱着して左右ロアーアームを交換するだけです。

 今回は、中古部品のボールジョイントブーツが綺麗でしたので交換なく使用しました。

 部品代金は、中古左右2本で、新品1本分ほどです。

②エアコン用コントロールリレー交換 → エアコン効かない為

 走行中にエアコンが効かなくなり、エンジンを停止して少し時間をおくとまた効き始める。

 アイドリング時は、ガス圧正常、空吹かししてガス圧をあげても正常範囲。

 エアコン効かないときは、コンプレッサーのマグネットスイッチが切れている事は確認済み。

 圧力が正常でマグネットスイッチが切れるので、エアコンリレーを疑いました。

 部品代も安い(約3,000円)ので交換。

 交換後は、正常に作動しております。

③エンジンチェックランプ点灯修理 → ノックセンサー交換

 走行中にエンジンチェックランプが点灯していることに気が付き、

 テスターで点検したら『ノックセンサー異常』の指示。

 部品を手配して交換。

 部品は、純正部品は10,000円近くしますので、試しに外品を注文してみました。

 価格は純正の半分よりちょっと高めくらい。

 自家用なんでお試しの意味もあります。

 これで問題無ければ、お客様のお車にも使えるかな?って事で・・・

 交換して、暫く乗っていますが、今のところ支障なく大丈夫です。

 

①の作業は、普通、車検整備の時に行う事が多いです。

もちろん、ボールジョイントブーツ交換作業もありますが、

そのうちの何割かはジョイントじたいにガタがあります。

その他には、夏冬のタイヤ交換時に発見する事もあります。

日頃、目に付くところではないので、専門家に点検して貰う事をお勧めします。

②の作業は、エアコンが効かなくなるので暑くなる前にと行いましたが、

エアコン修理で多いのは、『ガス不足による作効不良』ですね。

エアコンガスは、事故でもしない限り急激には漏れませんが、

使用している過程で、少しずつ減っていきます。

また、パイプの繋ぎ目に使っているOリングの劣化で漏れが生じる事もあります。

暑くなる前に、エアコンの点検をお勧めします。

また、エアコンガスは入れすぎても、少なすぎても故障の原因になりますので、

専門家に点検して貰うことをお勧めします。

③のノックセンサーとは、エンジンに発生するノックといわれる現象を感知する部品です。

ノックとは、簡単にいうと『ガソリンエンジンの異常燃焼』のひとつで、

過度に発生するとエンジン故障の原因になります。

ノックセンサーでノックを感知すると点火時期を遅らせて制御します。

ですので、ノックセンサー異常が感知された場合は、出来るだけ早く部品を交換する事が大切です。

センサー系部品ですので、出来れば純正部品を使用するのが望ましいと思いますが、

部品代も高価ですので、外品部品で対応出来ればそれに越したことはないと考えて、

一度、お試しで使ってみました。

 

夏場に向けて、エアコン等、電気負荷も増えていきます。

バッテリーの点検やエンジンオイル交換等、愛車のメンテナンスを行って下さい。

   

PAGE TOP